白間美瑠や守屋茜などアイドル写真集が続々と発売 売上とメンバーの取り分(印税)について

2019年6月19日に、アイドルグループNMB48に所属する白間美瑠さんがファースト写真集「LOVE RUSH」を出版します。それに続き、欅坂46所属の守屋茜さんが写真集「潜在意識」を出版するなど、近年アイドルの写真集が頻繁に出版されます。乃木坂46の白石麻衣さんの写真集「 パスポート」が30万部を超える売上部数を記録するなど話題を呼びます。

動画でみたい方はみうち通信YouTube版をどうぞ!

この記事では、アイドルグループに所属するアイドルの写真集にまつわる3大疑問に直撃したいと思います。

発売予定写真集

Noタイトル発売日
1白間美瑠 写真集 「LOVE RUSH」6月19日
2乃木坂46 斉藤優里写真集「7秒のしあわせ」6月20日
3欅坂46 守屋茜写真集 潜在意識 6月26日
4AKB48矢作萌夏1st写真集 7月10日
5 大場美奈(SKE48)ファースト写真集 8月2日

3大疑問

これほど売れているアイドル写真集について、意外と知らない疑問がたくさんあります。これから以下の3大疑問について考察していきたいと思います。

  1. 歴代一番売れている写真集と売上部数
  2. 写真集の価格構造
  3. アイドルの印税

歴代一番売れている写真集と売上部数

早速歴代最も売れている写真集と売上部数を見てみましょう。ここでは2000年以降に発売された写真集に限定します。

順位タイトル所属売上部数値段
1白石麻衣 『 パスポート 』 乃木坂4631.9万1,944
2生田絵梨花 『 インターミッション』 乃木坂4627.8万1,944
3長濱ねる 『 ここから 』 欅坂4619.1万1,944
4齋藤飛鳥 『 潮騒 』 乃木坂4617.8万1,700
5 西野七瀬 『わたしのこと』 乃木坂4617.1万1,728
6西野七瀬 『風を着替えて』 乃木坂4615.9万1,944
7生田絵梨花 『転調』 乃木坂4611.8万1,836
8 小嶋陽菜 『どうする?』 AKB4811.7万1,598
9 前田敦子 『不器用』 AKB4811.2万1,851
10 橋本奈々未 『2017』 乃木坂4610.4万2,000

ご覧の通り、乃木坂46に所属するメンバーはなんと7席を占めています。国民的アイドルAKB48に所属するメンバーは8位と9位にランクインしています。あとは突然卒業を発表した欅坂46所属人気メンバー長濱ねるが3位でランクインしています。

アイドル写真集に共通する特徴といえば、安い価格設定です。トップ10にランクインしている写真集はいずれも値段が2,000円以下となっています。フルカラー写真集としてはかなり安くなっています。

他の写真集を例として挙げましょう。たとえば、2019年2月に出版された橋本環奈さん写真集「NATUREL」は、値段が3,780円となっています。また、人気コスプレイヤーえなこさんの写真集「 えなこ cosplayer 』の値段が3,024円となっています。実は、アイドルグループのメンバー以外のタレントや女優が出版する写真は基本2,000円を超えるという価格帯が一般的となっています。

こんなにも売れている写真集はどれくらい売上高になるか気になる方もいらっしゃるかと思います。ここで白石麻衣さんの写真集「パスポート」を例として紹介しましょう。この写真集の売上部数が31.9万部で、値段が1,944円で、売上高(売上金額)がなんと約62億円(消費税が含まれる)となります。ほぼ天文学的な数字と言えるでしょう。

写真集の価格構造

白石麻衣さんの写真集「パスポート」の売上高62億円がどういうふうに分配されるかを調べてみました。ただし、写真集によってばらつきがあるので、ここでは一般的な業界慣例に基づいて説明します。

1冊の写真集が制作から販売までたくさんの企業や業者がかかわっています。 企業や業者を以下のように3種類に分けられます。合わせてそれぞれの売上の配分を記載しています。

  • 版元7割
  • 書店2割
  • 取次1割

ちなみに、アイドルグループメンバーの写真集の場合、メンバーの取り分は「版元」の利益の中に含まれます。そもそも版元という何かと疑問に思う方がいらっしゃるかと思いますので簡単に説明します。

版元とは

版元は出版業界の用語で、一般的には「出版社」のことを指します。基本写真集そのものの制作に携わる企業や業者、個人をまとめて写真集を完成させる出版社(またはほかの企業)が版元となります。

写真集を企画するプロデューサーや写真を撮って編集するカメラマン、出演するアイドルの報酬やギャラは基本版元が負担します。海外ロケの場合、版元となる出版社がロケチームの航空券代や宿泊代も負担します。

白石麻衣さんの写真集「パスポート」の売上高62億円の内、7割が版元の売上となります。つまり、売上は43.4億円となります。

取次

取次とは出版社と書店をつなぐ流通業者のことを指します。全国の書店に出版社自身が本を出荷するのが大変なので、書店と出版社の間に取次業者が入って流通の問題を解決します。取次業者のおかげで沖縄在住でもアイドルの写真集を手に入れることができます。

白石麻衣さんの写真集「パスポート」の売上高62億円の内、1割が取次の売上となります。つまり、売上総利益は6.2億円となります。

書店

書店は言葉の通り本屋さんのことです。写真集イベントを頻繁に開催する福家書店が有名な書店となります。ここ気づいた方がたくさんいらっしゃるかと思います。福家書店が写真集発売イベントを行うと、写真集がたくさん売れます。売れた写真集の部数の2割がそのまま利益(粗利)となります。そのため、福家書店は積極的に写真集発売イベントを開催するわけです。また、売上部数を増やすために、複数部購入特典として2部購入で握手、3部購入でツーショットチェキを用意して販売促進を図ります。

福家書店は白石麻衣写真集「 パスポート」出版記念お渡し会を開催しました。対象販売部数が1,000部と設定されました。この場合、福家書店は1,944,000円の売上が計上されます。その内の2割の388,800が粗利となります。補足ですが、書店がイベントを開催する場合、出版社から直接写真集を仕入れる場合、取次の1割相当の取り分を出版社と山分けすることができ、お互いの利益を増やすことができます。

白石麻衣さんの写真集「パスポート」の売上高62億円の内、2割が書店の売上となります。つまり、売上総利益は12.4億円となります。

メンバーの取り分はどう決まるの

写真集の売上高が各企業や業者にどれくらい分配されるかを説明しました。では果たして写真集の主役であるアイドルがどれくらいのもらえるかを考察してみましょう。

肖像使用料

一般的に書籍の印税が5~10%とされています。写真集の場合、知識財産権は基本カメラマンに帰属します。カメラマンが撮った写真が著作物となるからです。そのため、印税がカメラマンに入ります。出演するアイドルは著作物の権利を持っていないから印税が分配されることはありません。ただし、アイドルは肖像権を持っているため、カメラマンとは別に肖像使用料を「印税」という名目でもらうことになる場合があります。肖像使用料の計算式が以下の通りです。

肖像使用料=本体価格(税抜き価格) × 印税率 × 発行部数 or 実売部数

白石麻衣さんの写真集「パスポート」の場合、仮に印税率が10%とします。肖像使用料が1,800円(本体価格) × 10%(印税率) × 31.9万部(実売部数) = 5,742万円となります。仮に印税率が5%の場合、2,871万円となります。

しかし、白石麻衣さんは以上の試算の肖像使用料をもらっている可能性が低いと思われます。なぜかというと、白石麻衣さんは事務所と専属マネジメント契約を結んでいるためです。

専属契約と事務所の取り分

以上の肖像使用料の試算結果は白石麻衣さんがもらえる額の最大値とすぎません。 白石麻衣さんは事務所の乃木坂46合同会社に所属しています。写真集の企画段階で、事務所が必ず介入しています。事務所は出版社とやり取りして写真集の制作を進めるため、事務所が写真集の売上高の一部を利益として確保します。シンプルに考えると、もともと肖像使用料の一部が事務所の取り分となります。この一部がどれくらいの割合は知りえないため事務所と白石麻衣さんがどれくらいもらえるかは割り出せません。

印税契約

ここまでの肖像使用料の試算は写真集の出版にあたって事務所と白石麻衣さんとの間印税契約が結んでいる前提となります。実際、事務所は印税契約という形ではなく、売上部数と関係なく固定金額の報酬のみを白石麻衣さんに支払う可能性が充分あります。たとえば固定金額の報酬が100万円の場合、写真集がいくら売れても白石麻衣さんは100万円しかもらえません。アイドルグループのメンバーの場合、事務所の方が圧倒的に有利の立場に立っているため、白石麻衣さんは写真集の出版に反対したら事務所に干される場合があります。この場合、白石麻衣さんは一切の仕事を与えられる可能性があります。

まとめ

結論として、白石麻衣さんは写真集の肖像使用料をいくらもらえるかを正確に知ることはできません。契約の内容によってもらえる金額が大きく変動します。また、単純の写真集の売上高に比例した金額でもなく固定金額でもない可能性があります。1万部ごとに1万円の報酬がもらえるという契約だってあり得ます。ただし、白石麻衣さんがもらえる最大金額(2千万円~5千万円くらい)がある程度試算できました。

これから出版される白間美瑠さんの写真集も守屋茜さんの写真集も基本白石麻衣さんの写真集と同じように、出演するアイドルがもらえる肖像使用料(印税)の最大金額はある程度試算できます。

今度出版される白間美瑠さんの写真集「LOVE RUSH」のカメラマンを担当するのが中村和孝さんです。中村さんは過去に白石麻衣さんの「パスポート」(31.9万部)や生田絵梨花「インターミッション」(27.8万部) のカメラマンを務めました。白間美瑠さんの写真集「LOVE RUSH」がどれくらい売れるか注目されるでしょう。



登録お願いします


おすすめ:AKB48関連商品

参考資料

Filed under: トレンド

1 Comment


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website