ゲーム革命 Stadia by Google ゲーム実況が激変

アメリカ時間3月19日グーグル主催Game Developers ConferenceにてStadiaという新しいゲーミングプラットフォーム発表されました。これからのゲーム、そしてゲーム実況に革命が起きることでしょう。

Stadia by Googleの正体について解説したいと思います。

動画バージョンはYouTubeに公開しています

Game Developers Conference (GDC)の発表をベースに説明を進めていきます。

ステージに立っているのがPhil Harrisonです。グーグルのVPです。簡単にいうとグーグルの偉い人です。Stadiaは2019年にサービス開始する予定です。ちなみにStadiaというのは、サッカースタジアムなどのスタジアムの複数系です。この名前からこのサービスのポイントが少し想像できるかと思います。後程紹介します。まずはStadiaのいいところから紹介していきたいと思います。

Stadiaのいいところ

ダウンロード不要

まずは、ダウンロード不要です。プレイ開始ボタンを押して5秒後にはもうプレイを始められます。どんなキレイな画像のゲームでも、どんなストーリーが長いゲームでも同じくすぐプレイを開始できます。

超低遅延

そして、超低遅延。
実は、ゲームそのものは、グーグルのサーバで動いています。なのでゲームをダウンロードする必要がありません。プレイヤー側のコントローラーの操作のデータがサーバに送られます。サーバがそれを処理して画像と音声だけプレイヤー側のスクリーンの送信します。データのやり取りに遅延が発生しますが、グーグルはネットワークの通信経路を短縮して遅延を減らします。

どんな端末でもプレイ可能・再開可能

これもすごいです。どんな端末でもプレイできます。しかも再開できます。

PCもスマホ、テレビも、基本どんな端末でもプレイできます。なのでゲーム機を新たに買う必要はありません。しかも自宅の大画面のテレビでやって、翌日会社で休憩時間にスマホを使って昨日の続きからゲームを再開できます。もちろん移動時間もプレイできるから、ゲームが気になって1日中落ち着かいのが解消されます。

4K高画質

今のゲームは4K画質が基本となっています。

サービスリリース時は4Kで60fpsです。将来的には8K,120fpsまで画質があります。予想なんですが、5Gのサービスが開始したら、8Kは実用化されるではないかと思います。

チート不可能

これは重要ですね。チートできません。ゲームの処理がサーバ側で行われるので、基本チートはできません。もちろんハッキングもできません。

Stadia用のゲームコントローラー

Stadia用のゲームコントローラーがあります。家のテレビやPCでプレイする時はコントローラーが必要です。ちなみに一般のコントローラーでもプレイできます。ゲームコントローラーはこんな感じです。プレステのコントローラーに似ています。雑談ですが、開発者の中にソニーからの転職者がいます。

YouTubeへの配信ボタン

注目していただきたいのは、上から2段目の2つのボタンです。左側はグーグルアシスタントを呼び出すボタンです。例えばゲームやっている最中に、攻略を調べたり、他のプレイヤーがどうやってここをクリアしたかについてグーグルアシスタントが答えてくれます。

右の枠っぽいアイコンのボタンは、YouTubeへシェアのボタンです。Stadia自身はYouTubeと連携する前提です。ゲーム実況はこのボタンを押すと簡単にできます。

コナミコマンド

このコントローラーの裏に面白いものがあります。お馴染みのコナミコマンドです。コナミコマンドがコントローラーの裏にプリントされています。どんな意味があるか説明はありませんでした。なんかありそうな気がします。

参加型ゲーム実況

ここからはゲーム実況関連の話です。Stadiaがゲーム実況に革命を起こします。これからのゲーム実況は参加型になります。ゲーム実況参加型の時代が到来します。

State Share

まずはState Shareという機能です。ゲームの状態をリンクでシェアできます。ゲームの状態というは、例えばHP、MPなどのワールドステート。プレイヤーの位置情報、所持金や所持アイテムのインベントリ情報です。

これをすべてリンクにしてシェアできます。たとえばどうしてもクリアできないところがあったら、ゲーム仲間にクリアしてもらって、クリア済みの状態をリンクでもらえば続きからゲームを再開できます。ゲーム実況をやる時に、このリンクもシェアすれば、見ている人はゲーム実況と同じ状態でゲームをプレイできます。実際プレイした人がまたプレイした結果をリンクでシェアできます。ただコメントするだけじゃなくて、プレイに参加できます。

Crowd Play [実況中のゲームへの参戦]

もう一つはCrowd Playという機能です。

YouTubeで生のゲーム実況を見ている時に、実際ゲームに入ってプレイできる。紹介ではNBAのゲームですが、右のJOIN THIS GAMEを押したら、ゲーム実況側が承認してくれればゲームに参加して一緒にプレイできます。
これはまさに革命ですね。YouTubeでゲーム実況を見て、自分でも参加したいなと思ったらその場で参加できちゃいます。マリオカートの頂上決戦とかストリートファイターの天下一武道会みない大会は自分で開催できます。ゲーム実況をする側にもゲーム実況を見る側にもゲーム実況そのものの概念が大きく変わるじゃないかなと思います。

日本対応は未定

最後ですね、Stadiaが2019年にリリースされるのですが、US Canada UK Europeが対象で、なんと、日本は入っていません。残念です。英語版なら多分プレイはできるかと思いますが、日本にStadiaのサーバがなくて、アメリカのサーバでやると多分遅延が大きくなるかと思います。アクションゲーム系はムリですかね。

Google先生はやりますね。そもそも発想自体が違うのです。ゲーム機を買うことなく4Kのゲームをプレイできるというのが革命的ですし、ゲーム実況を前提としてYouTuberに簡単にゲーム実況を配信でき、参加型ゲーム実況も可能になるというのも革命的ですね。Stadiaを早く試してみたいですね。僕個人的にウィンイレがやりたいですね。11対11でプレイできたら最高ですね。キーパーだけはやりたくないですが。

参考資料

Stadia GDC 2019 Gaming Announcement
https://www.youtube.com/watch?v=nUih5C5rOrA

登録お願いします


Filed under: ニュース

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website